アルケミー 危険
アルケミーが危険とされている理由とは一体なぜなのでしょうか?

テレビや雑誌でも紹介されている発酵スキンケアのアルケミーは肌トラブルの原因である乾燥を改善し、潤いを与えて健康的な明るい肌を取り戻してくれると話題の化粧品です。

水分と油分のバランスを整えることで、肌の内側から輝く肌へと導いてくれると注目されているので、肌の悩みを抱えているなら試してみたくなりますよね。

しかし、アルケミーと検索するとすぐに危険といった言葉がヒットしてしまいます。

いくら効果がある化粧品でも、少しでも危険性があるなら使うのは躊躇してしまいますよね。

なぜアルケミーは危険と言われるようになってしまったのか、その原因を追求していきましょう。

肌に負担がかかる?界面性活性剤で肌が危険な状態に?

アルケミーの成分を調べてみると、界面性活性剤が含まれていることが判明しました。

界面性活性剤と聞くと、食器を洗う洗剤と同じ成分が含まれているので、肌に負担がかかってしまうのでは?と心配になりますよね。

しかし、界面性活性剤だからいって全てが肌に負担がかかるわけではありません。

界面性活性剤にも種類があり、洗剤に含まれている界面性活性剤と一緒なわけではないのです。

アルケミーに含まれている界面性活性剤はもちろん洗剤とは異なる種類で、水添レシチンを使用しています。

水添レシチンは天然由来成分のレシチンを加工して作られているので、肌に危険なことはありません。

他に危険成分は入っていないの?

化粧品に多く含まれているシリコンや鉄鋼油は肌の刺激になることもある危険な成分ですが、アルケミーにはどちらの成分も含まれていません。

アルケミーは酵母発酵エキスのVEGALを主成分としており、さらに効果を引き出すための成分が豊富に含まれています。

肌本来の輝きを取り戻し、透明感のある肌へと導いてくれると口コミでも話題になっています。

香料で肌荒れの原因に?

アルケミーには人工香料が含まれており、一般的には人工香料は肌に負担がかかる原因となるので、アルケミーに含まれているのであれば、肌への危険性はないのでしょうか?

人工香料も界面性活性剤と同様に様々な種類があり、アルケミーに含まれている人工香料は自社農園抽出された安全性が保証されているものしか使用していません。

アルケミーで肌荒れが起こる?口コミを調査!

・敏感肌で今まで何度も化粧品で肌トラブルが起きていましたが、アルケミーで肌荒れが起きたことはありません。

試してみる前に成分チェックしましたが、肌に危険なものはなかったので安心して使うことができました。

・乾燥がひどくて冬の時期はもう辛くてしょうがなかったのですが、アルケミーを使うようになってから乾燥のストレスからサヨナラすることができました。

肌の奥までしっかり保湿されているのが分かり、やっと自分の肌に自信を持つことができます。

・アルケミーを検索した時に危険と出てきたので、本当に大丈夫かなと不安だったのですが、実際に使ってみると肌荒れを治すどころか、長年悩みだった乾燥を治り、朝起きても肌が潤っているのが実感できるようになりました。

ここまで実感力がある化粧品は初めてです!

なぜ危険と呼ばれているのか、実際にアルケミーを使用している人の口コミを調べても、アルケミーが原因で肌荒れが起きたといった投稿はどこにもありません。

危険などころか、肌トラブルが改善できたと好評で、どこにも副作用が起きたなどの投稿はないようですね。

アルケミーには危険な成分は入っていないので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用していただけます。

乾燥に悩んでいるなら、ぜひ試してみてくださいね!